top of page

西洋ミツバチの生態について①

更新日:2023年1月7日

ミツバチの生態について


今日は、ミツバチの生態についてブログを書きます。


皆さんにとってミツバチはどんなイメージですか?

攻撃的で怖い。刺されるので近づきたくないなど、怖いイメージがあるのではないでしょうか?

ミツバチは丸っこい見た目をしていて、黒の胴体に黄色のしま模様があるのが特徴的です。 性格は穏やかで、自ら攻撃することがあまりありません。


実はよく見ると、ミツバチマーヤみたいに、とっても可愛いのです。


そんなミツバチは、スズメバチやアシナガバチに比べると毒性が低いのです。しかし、わずかに毒があります。人間が攻撃をしない限り、刺すことは中々ありませんが、身の安全のため、ミツバチ達を見かけたらそーっと離れましょう。



その②


日本ではどのくらいのミツバチ達が暮らしていると思いますか?

日本には、日本ミツバチ・西洋ミツバチの2種のミツバチが生息しています。 馬渡養蜂場で育てているミツバチは西洋ミツバチです。

西洋ミツバチは、蜂蜜の採取や、商業用作物の受粉を目的として、日本を含む世界中で飼育されている種類です。西洋ミツバチ達が季節の花々を密として食べ、わたしたちの元で美味しい蜂蜜ができているのです。


また、ミツバチは南極大陸以外のほぼすべての陸地に生息しています。

体長は13~20mmほどになっています。手の先にちょこんと乗るほど小さく可愛い大きさです。

寿命は、働き蜂が数週間~1か月、オスが2週間~1か月と短いのに対して、女王蜂は2~5年と長寿になっています。思っていたよりも短い寿命ではないでしょうか。短い生命で

一生懸命生きているのです。皆さんもミツバチを見かけたときは、攻撃したりせず、そーっとしてあげましょう。

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

秋のスズメバチ対策

こんにちは。馬渡養蜂場です。秋になるとスズメバチが多くなります。スズメバチ対策として粘着シートでスズメバチをペタペタと捕獲します。涼しくなるとスズメバチはいなくなるだろうというイメージですが、スズメバチは秋の終わりごろまで活動しています。 被害が出る前に対策を行います。皆様もスズメバチと出会ったら、刺激せず近づかないことが重要です。馬渡養蜂場では、福岡県八女より長年の養蜂技術に培われた搾りたて蜂蜜

Comments


bottom of page