top of page

西洋ミツバチの生態について①

更新日:2023年1月7日

ミツバチの生態について


今日は、ミツバチの生態についてブログを書きます。


皆さんにとってミツバチはどんなイメージですか?

攻撃的で怖い。刺されるので近づきたくないなど、怖いイメージがあるのではないでしょうか?

ミツバチは丸っこい見た目をしていて、黒の胴体に黄色のしま模様があるのが特徴的です。 性格は穏やかで、自ら攻撃することがあまりありません。


実はよく見ると、ミツバチマーヤみたいに、とっても可愛いのです。


そんなミツバチは、スズメバチやアシナガバチに比べると毒性が低いのです。しかし、わずかに毒があります。人間が攻撃をしない限り、刺すことは中々ありませんが、身の安全のため、ミツバチ達を見かけたらそーっと離れましょう。



その②


日本ではどのくらいのミツバチ達が暮らしていると思いますか?

日本には、日本ミツバチ・西洋ミツバチの2種のミツバチが生息しています。 馬渡養蜂場で育てているミツバチは西洋ミツバチです。

西洋ミツバチは、蜂蜜の採取や、商業用作物の受粉を目的として、日本を含む世界中で飼育されている種類です。西洋ミツバチ達が季節の花々を密として食べ、わたしたちの元で美味しい蜂蜜ができているのです。


また、ミツバチは南極大陸以外のほぼすべての陸地に生息しています。

体長は13~20mmほどになっています。手の先にちょこんと乗るほど小さく可愛い大きさです。

寿命は、働き蜂が数週間~1か月、オスが2週間~1か月と短いのに対して、女王蜂は2~5年と長寿になっています。思っていたよりも短い寿命ではないでしょうか。短い生命で

一生懸命生きているのです。皆さんもミツバチを見かけたときは、攻撃したりせず、そーっとしてあげましょう。

閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示

馬渡はちみつ

「馬渡の蜂蜜は花の香りがする」 「蜂蜜が苦手だけど、こちらの春採れは美味しく食べられます」 花によって違う糖度や風味の違いを瓶を開けた瞬間から感じていただけたら嬉しいです。 🌟当養蜂場の蜂蜜のご紹介です、ご参考にされてください。 🐝 蜂蜜の説明の下のバーナーを押していただくと購入サイトへ移ります 🍯 🌸春採れ蜂蜜・・春に咲くお花の蜂蜜で、春になったら最初に採れる蜂蜜です。 山の木の花、菜の

蜂蜜とマーガリン

冷房が効いているお部屋や気温が低い時期、蜂蜜の種類にもよりますが固まってしまうことがあります。 成分的には全く問題ないのですが、使いにくいと感じる方も少なくないと思います。 そんな時、パン派の方にぜひ試していただきたいのが蜂蜜とマーガリンを混ぜて食す方法です。 お好みの分量の蜂蜜とマーガリンを混ぜていただいてパンに塗るだけでパンに蜂蜜とマーガリンがしっかり染み込んだ甘くて美味しい蜂蜜マーガリンパン

巣入完熟蜜

蜜蜂が一生懸命集めて巣に貯め、蓋をしたそのままの蜂蜜です。 ぜひ一度ご賞味ください。 リンク先:馬渡養蜂場「巣入完熟蜜」ショッピングサイト🐝 https://www.mawatari-honey.com/%E5%AE%8C%E7%86%9F%E5%B7%A3%E8%9C%9C

Comments


bottom of page